Now Loading...

Now Loading...

こども運動教室について

新型コロナウイルスの影響で運動不足に拍車!

クラブ活動をしていない最近の子どもは、屋外で遊ぶ機会も減り体力や筋力が著しく低下しています。
校庭や公園で自由に遊び回っている子どもは自然に体の使い方を覚え、体のよりよい発達に良い影響を及ぼし毎日を元気で過ごせる事が理想ですが、学習塾や習い事が忙しくて外で体を動かすような機会が減ってしまったり、テレビゲームなどの屋内での遊びが増えたのもあります。

筋力が衰えてしまうと、自分のカラダを支えることもおっくうになり授業中の姿勢が崩れます。
正しい姿勢がとれないとスポーツをやっていても本来発揮できるはずの力が発揮できないばかりか、フォームが崩れるためケガをする可能性が増えてしまいます。そのような子が大人になると、将来的に姿勢の悪い習慣が腰痛や肩こり・頭痛などさまざまな体の不調を引き起こすことになります。

「できた!」で瞳輝く、自信を育む!

スポーツ競技を行うにあたって、土台となる基礎的運動を意識した運動を行います。
基礎的運動には、姿勢制御運動(立つ、寝る、回る、転がる)や移動運動(歩く、走る、跳ぶ、はう、のぼるなど)が含まれます。基礎的運動にフォーカスしたトレーニングを行うことで、運動が苦手な子どもでも効率的に体を動かせるようになり、運動を通じて自分を表現し笑顔になって欲しいです。
また、運動を得意とする子どもでも、基礎的運動に加えストレッチや自重(自分の体重)を使った運動をすることでパフォーマンスが向上しダイナミックにスポーツを行えるようになります。

例えば、鉄棒・逆立ち・マット運動など小学校の体育で学ぶ基礎的な事一つずつ出来るようになる成功体験を積み重ねて自信を付けます。
クラブ活動に入っている子どもは、【成長に伴う柔軟性低下によるスポーツ障害予防】や【体幹の基礎を鍛えること】を早期から取り組むことで、いざ活躍したい時期にケガなく競技に集中できるようにします。
当院紹介
代表ご挨拶
アクセス
施設紹介
新着情報
お客様の声
Instagram
Facebook
施術について
筋膜調整
シュロス法 特発性側弯症に特化した運動療法
矯正インソール
パーソナルトレーニング
こども運動教室
メニュー・料金一覧
WEB予約
ご予約について
お問い合わせ
よくある質問